すまい給付金について

消費税の増税に合わせて、住宅取得者の負担が増すのを緩和するために住宅ローンが拡充され、すまい給付金制度が設けられました。

call-me-anytimeこれは、住宅は高額で増税による負担額が大きいため、減税と給付金で負担を軽減しようというものです。従来から住宅ローン控除はありましたが、収入が少なく所得税の納税額が少ない人は、控除しきれなく恩恵を十分受けられない場合がでてくるため、その救済策としてすまい給付金が創設されました。

しかし、この給付金あまりメジャーになっていない気がします。

私事ですが、子供が生まれることとなり、今後荷物が増えて手狭になってくることが予想されるため、子供がはいはいとか動き回る前の大人しいうちに実家を建替えてしまおうかなと思い、住宅展示場やハウスメーカー、工務店などいろいろなところに行き始めていますが、住宅ローン控除の話は出てもすまい給付金が話題に上がることはないです。

もともと、所得が少ない人を救済する目的で創設されたものであるため、住宅を手に入れようとしてる人で対象となる人は少ないのかもしれませんが。

ちなみに、住民税で判定するので所得は前年のものを用いて判定することとなり、目安で収入510万円以下で対象となってくるもので、消費税率が10%になった場合の目安は775万円以下で給付金の対象となってきます。

私は昨年の開業に関する初期費用などが嵩んでるので、給付金と住宅ローン控除のダブルで恩恵を受けられそうかなぁと密かに思っています。

この給付金の要件など詳しいことは、国土交通省のすまい給付金のサイトが大変詳しくわかりやすいので参考にしてみてください。

このすまい給付金ですが、消費税の緩和措置で建物に要件があるため、建売の建物、新築の建物といったところは問題にならないでしょうが、中古住宅の場合は個人間売買でほとんどの場合消費税の対象とならないため、「売り主が宅地建物取引業者である」場合などでないと適用にはならないので注意が必要です。なお、この売主が宅地建物取引業者である場合はどんな場合かというと、建物を買い取ってリノベーションして売る業者様が当てはまってくると思います。

ということで、リノベーション業者様。
すまい給付金と住宅ローン控除を使って住宅を取得しませんか、といったような営業をされてみませんか。

すまい給付金の申請や住宅ローン控除の確定申告が必要なお客様がいらっしゃったときは、手続きの代行を承ります!

なお、もう少し詳しく解説して欲しいという方など、いつでもお気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちら

サービスのご案内

当事務所が提供するサービスの一例です。

建設業支援のイメージ建設業許認可の
新規取得・更新

建設業許認可の申請手続きをフルサポートいたします。

詳細はこちら

起業支援・創業支援起業支援・創業支援

起業・創業の煩雑な手続き代行だけでなく、税理士としてのアドバイスも行います。

詳細はこちら

セカンドオピニオンセカンドオピニオン

経営や経理について専門家としてセカンドオピニオンの提供を行っています。

詳細はこちら

税務調査対応税務調査対応

税務調査の通知が来たら、まずはご一報ください。税務所との対応を代行します。

詳細はこちら

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-5839-2679

営業時間:10:00~20:00(土日祝日除く)

建設業の許認可や財務会計、税務調査対応についてのご相談をお待ちしております。

その他、建設業以外の許認可案件や、セカンドオピニオンについてもお気軽にお問合せください。

当事務所は親切、丁寧な対応を心がけております。まずはお電話いただけましたら幸いです。

下記のようにお悩みの方は、一度ご連絡ください
  • 建設業許認可を検討しているがどうすればよいかわからない
  • 紹介された行政書士や税理士と相性が合わず困っている
  • 許認可の更新が必要だが、以前の担当者がやめてしまってどうすればよいかわからない
フォームでのお問合せはこちらから