建設業許可業者に課せられる義務

建設業許可業者に課せられる義務

建設業の許可を取得すると、500万円以上の建設工事を受注できるようになり請負代金の上限を気にせず契約を締結できるため売上の拡大や、公共工事の入札にも参加できるようになるなど、多くのメリットがあります。

しかしその反面、許可取得後には様々な義務を課せられることとなっています。この義務について、建設業許可をとると後々面倒になる言われる方もいらっしゃいます。

しかし、誰でも簡単に取れて、取得後、更新手続きもなくそのまま保有し続けられるものには、どれだけの価値があるのでしょうか。

更新のため、毎年決められた届を出し、課される義務を守っているからこそ、社会的信用が高くなり、より大規模な工事を請け負うことができるのではないのでしょうか。

建設業の許可後に課される義務

許可行政庁への届出義務

標識の掲示、帳簿の備付・保存及び営業に関する図書の保存義務

契約締結に関する義務

工事現場における施工体制等に関する義務

下請代金の支払いに関する義務

 

サービスのご案内

当事務所が提供するサービスの一例です。

建設業支援のイメージ建設業許認可の
新規取得・更新

建設業許認可の申請手続きをフルサポートいたします。

詳細はこちら

起業支援・創業支援起業支援・創業支援

起業・創業の煩雑な手続き代行だけでなく、税理士としてのアドバイスも行います。

詳細はこちら

セカンドオピニオンセカンドオピニオン

経営や経理について専門家としてセカンドオピニオンの提供を行っています。

詳細はこちら

税務調査対応税務調査対応

税務調査の通知が来たら、まずはご一報ください。税務所との対応を代行します。

詳細はこちら

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-5839-2679

営業時間:10:00~20:00(土日祝日除く)

建設業の許認可や財務会計、税務調査対応についてのご相談をお待ちしております。

その他、建設業以外の許認可案件や、セカンドオピニオンについてもお気軽にお問合せください。

当事務所は親切、丁寧な対応を心がけております。まずはお電話いただけましたら幸いです。

下記のようにお悩みの方は、一度ご連絡ください
  • 建設業許認可を検討しているがどうすればよいかわからない
  • 紹介された行政書士や税理士と相性が合わず困っている
  • 許認可の更新が必要だが、以前の担当者がやめてしまってどうすればよいかわからない
フォームでのお問合せはこちらから