欠格要件について

欠格要件とは

建設業の許可は、一定の条件をクリアしている信頼できる事業者が取得することができるものであるため、許可の要件に欠格要件に該当しないことという項目が設けられています。(建設業法第8条、同法第17条(準用))

 

欠格事由

1.許可申請書またはその添付書類中に虚偽の記載があった場合や重要な事実に関する記載が欠けて いる場合
2.許可申請者やその役員若しくは令第3条に規定する使用人が次に掲げるものに1つで該当する場合
①成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
②不正の手段により、建設業許可を受けた場合又は不正等により営業の停止を受け、その営業停止の処分に違反した場合で、建設業の許可を取り消され、その取消しの日から5年を経過しない者
③建設業の許可の取消しの処分を受ける前に廃業の届出をした者で、廃業届を出してから5年を経過しないもの
④建設業者として不適当な行為により営業の停止を命ぜられ、その停止の期間が経過しない者
⑤営業停止の処分により新たに営業することを禁止され、その禁止の期間が経過しない者
⑥禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又はその刑の執行を受けることがなくなつた日から5年を経過しない者
⑦建設業法、建設工事の施工若しくは建設工事に従事する労働者の使用に関する法令の規定で政令で定めるもの若しくは暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の規定に違反したことにより、又は刑法の特定の罪若しくは暴力行為等処罰に関する法律の罪を犯したことにより、罰金の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又はその刑の執 行を受けることがなくなつた日から5年を経過しない者

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3

 

サービスのご案内

当事務所が提供するサービスの一例です。

建設業支援のイメージ建設業許認可の
新規取得・更新

建設業許認可の申請手続きをフルサポートいたします。

詳細はこちら

起業支援・創業支援起業支援・創業支援

起業・創業の煩雑な手続き代行だけでなく、税理士としてのアドバイスも行います。

詳細はこちら

セカンドオピニオンセカンドオピニオン

経営や経理について専門家としてセカンドオピニオンの提供を行っています。

詳細はこちら

税務調査対応税務調査対応

税務調査の通知が来たら、まずはご一報ください。税務所との対応を代行します。

詳細はこちら

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-5839-2679

営業時間:10:00~20:00(土日祝日除く)

建設業の許認可や財務会計、税務調査対応についてのご相談をお待ちしております。

その他、建設業以外の許認可案件や、セカンドオピニオンについてもお気軽にお問合せください。

当事務所は親切、丁寧な対応を心がけております。まずはお電話いただけましたら幸いです。

下記のようにお悩みの方は、一度ご連絡ください
  • 建設業許認可を検討しているがどうすればよいかわからない
  • 紹介された行政書士や税理士と相性が合わず困っている
  • 許認可の更新が必要だが、以前の担当者がやめてしまってどうすればよいかわからない
フォームでのお問合せはこちらから