以前の勤務先の証明書がもらえない場合について

以前の勤務先の証明書がもらえない場合

建設業の許可の要件に、

経営業務の管理責任者が常勤でいること

専任技術者が常勤でいること

というものがあります。

経営業務の管理責任者

このうち、経営業務の管理責任者が常勤でいることを証明するためには、会社の代表者や役員、個人事業の事業主自身が、経営業務の管理責任者となれる資格があることを証明する必要があります。

経営業務の管理責任者の要件には、以下のものがあります。

・許可を受けようとする建設業に関し、5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有していること。

・許可を受けようとする建設業以外の建設業に関し、7年以上経営業務の管理責任者としての経験を有していること。

・許可を受けようとする建設業に関し、経営業務管理責任者に準ずる地位にあって次のいずれかの経験を有していること。

これらの経験があることの証明として、以前の勤務先から証明書を発行してもらう必要があります。

また、専任技術者となるための資格として実務経験で申請する場合も以前の勤務先から証明書を発行してもらう必要があります。

 

では以前の勤務先の証明書がもらえない場合どうすればよいか。

 

以前の勤務先が倒産してしまってもう存在しない、以前の勤務先と良好な関係にないため書類に印鑑をもらいに行くのが困難であるといった場合もあるでしょう。

このようなときに、以前の勤務先の印鑑がもらえないからと言ってあきらめる必要はありません。

証明者の押印がもらえない場合には、被証明者が自分で証明することができることになっています。

自分で証明するときは、被証明者 が署名し、個人の実印を押印し、印鑑証明書を添付して提出することとなります。

なお、経験 内容の確認資料は別途必要となります。

%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8

サービスのご案内

当事務所が提供するサービスの一例です。

建設業支援のイメージ建設業許認可の
新規取得・更新

建設業許認可の申請手続きをフルサポートいたします。

詳細はこちら

起業支援・創業支援起業支援・創業支援

起業・創業の煩雑な手続き代行だけでなく、税理士としてのアドバイスも行います。

詳細はこちら

セカンドオピニオンセカンドオピニオン

経営や経理について専門家としてセカンドオピニオンの提供を行っています。

詳細はこちら

税務調査対応税務調査対応

税務調査の通知が来たら、まずはご一報ください。税務所との対応を代行します。

詳細はこちら

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-5839-2679

営業時間:10:00~20:00(土日祝日除く)

建設業の許認可や財務会計、税務調査対応についてのご相談をお待ちしております。

その他、建設業以外の許認可案件や、セカンドオピニオンについてもお気軽にお問合せください。

当事務所は親切、丁寧な対応を心がけております。まずはお電話いただけましたら幸いです。

下記のようにお悩みの方は、一度ご連絡ください
  • 建設業許認可を検討しているがどうすればよいかわからない
  • 紹介された行政書士や税理士と相性が合わず困っている
  • 許認可の更新が必要だが、以前の担当者がやめてしまってどうすればよいかわからない
フォームでのお問合せはこちらから