カテゴリー別アーカイブ: 建設業

建設業許可 検索

建設業許可 検索

このタイトルを検索してこのページにたどり着いた方は、建設業の許可申請をしている行政書士を探している建設業者様、建設業の許可を保有している会社を探している工事の元請け会社様、ご自宅を新築やリフォームしたい個人の方、建設業界の求人を探されている方、私と同じ行政書士、建設業許可業者に営業をかけたい商材をお持ちの企業様などではないかと思います。

私は、建設業の許可申請をしている行政書士を探している建設業者様が、検索したときにうまいこと表示されてクリックして頂けたら嬉しいなと思ってこのタイトルで記事を書いてみました。

私自身は、マーケティングを試行錯誤しながら試していて、グーグルでどんなワードが検索されているのか、とか、そのワードで検索するとどういうページがヒットするのかとか、いろいろ試したりしている変わった行政書士かもしれません。

税理士としても、創業支援に力を入れているので、起業を思い立った時のアイデアを実現可能な計画にまとめて、お金を借りられる事業計画書を作成するのとかを得意としているとともに、創業者の事業がうまく軌道に乗るようにマーケティングの部分をコンサルティングしています。

建設業者様でも、今まで付き合いある取引先以外に新規開拓のマーケティングをしてみたいなどお考えの方がいらっしゃいましたら、飯塚税理士・行政書士事務所までお問い合わせ頂けたら、一緒に御社のマーケティングを考えさせていただきますので、よろしくお願い致します。

建設業の許可申請が必要な場合については、「こちら」をご参照ください。

建設業許可の要件については、「こちら」をご参照ください。

 

 

 

以前の勤務先の証明書がもらえない場合について

以前の勤務先の証明書がもらえない場合

建設業の許可の要件に、

経営業務の管理責任者が常勤でいること

専任技術者が常勤でいること

というものがあります。

経営業務の管理責任者

このうち、経営業務の管理責任者が 続きを読む 以前の勤務先の証明書がもらえない場合について

許可を取得した以外の都道府県で行う工事について

許可を取得した以外の都道府県で行う工事について

東京都で一般建設業の許可を取得した場合(都知事許可)に、東京都以外の千葉県や神奈川県で建設工事を行うことができるのかということは非常に気になることかと思います。

結論としては、建設業を営む営業所の所在地が、都内のみであれば都知事許可のままで建設工事を行うことができます。

ということで、施工する現場の場所は関係なく、都知事許可の事業者でも他道府県において施工することができます。(注)ただし、配置技術者の適正な配置が必要です。

なお、建設業を営む営業所が、東京都以外の道府県にも所在する場合は大臣許可を取得しなければならなくなります。

他の都道府県に営業所が増えた、増えるかもしれないというときはお気軽にご相談ください。

 

eria

サービスのご案内

当事務所が提供するサービスの一例です。

建設業支援のイメージ建設業許認可の
新規取得・更新

建設業許認可の申請手続きをフルサポートいたします。

詳細はこちら

起業支援・創業支援起業支援・創業支援

起業・創業の煩雑な手続き代行だけでなく、税理士としてのアドバイスも行います。

詳細はこちら

セカンドオピニオンセカンドオピニオン

経営や経理について専門家としてセカンドオピニオンの提供を行っています。

詳細はこちら

税務調査対応税務調査対応

税務調査の通知が来たら、まずはご一報ください。税務所との対応を代行します。

詳細はこちら

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-5839-2679

営業時間:10:00~20:00(土日祝日除く)

建設業の許認可や財務会計、税務調査対応についてのご相談をお待ちしております。

その他、建設業以外の許認可案件や、セカンドオピニオンについてもお気軽にお問合せください。

当事務所は親切、丁寧な対応を心がけております。まずはお電話いただけましたら幸いです。

下記のようにお悩みの方は、一度ご連絡ください
  • 建設業許認可を検討しているがどうすればよいかわからない
  • 紹介された行政書士や税理士と相性が合わず困っている
  • 許認可の更新が必要だが、以前の担当者がやめてしまってどうすればよいかわからない
フォームでのお問合せはこちらから